FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すばるんとイチャイチャしよう!【調教編】(永吉昴)

Comic_459.jpg

「ということで今日は昴がどういうもので感じるかテストしたい」
「……」
 昴は黙ったまま蝋燭と鞭を構えるプロデューサーを見上げた。
「あ、あのさぁ……」
 縄で縛られた腕をギシギシと鳴らした。
「なんで、オレ、縛られてるの?」
「縛られたほうが女は美しい!」
「痛いんだけど……」
「痛いくらいがちょうどいいんだ」
「良くないよ!」
 裸の身体を縄で亀の形に縛られると昴は桃色の乳首も隠せず真っ赤になった。
「なんで、プロデューサーはオレに意地悪するんだよ!?」
「してなんかない!」
 キッパリと言い切った。
「これが俺の愛し方だ」
「嘘だ! いつも怖いことばかりして!」
「まぁまぁ……」
 昴の開いた口に手を入れた。
「う、うぁあ?」
 舌を掴まれ、ギュッと引っ張られた。
「ひ、ひはいぃ……」(い、いたいぃ……)
 舌を強引に引っ張られ涙目になる昴にプロデューサーは邪悪に笑った。
「まずは鞭から行こうか?」
 舌を離し、手に持った鞭の先を弄った。
「ひ、ひぃ……アァァ」
 身体を蹴飛ばされ、仰向けになると足がガバッと開いた。
「や、やめてよぉ」
 本当に怯えた顔で泣き出した。
「ぷ、ぷろでゅ……アギャ!?」
 開いた脚の間をプロデューサーは容赦なく千条鞭でぶつように叩いた。
「ひぃ~~……」
 叩かれた秘裂が真っ赤に腫れ、涙を流す昴にプロデューサーはさらに鞭を振り上げた。
「ひいいいぃぃ……!?」
 股下に鞭が当たり、感じたことのない痛みに昴は泣いた。
「お、おまんこがいたいぃ……」
 プロデューサーは赤く腫れた秘裂を踏みつけた。
「うぎいいいいぃぃいぃぃぃ!?」
 歯を食いしばる昴にプロデューサーは鞭から蝋燭に持ち替え、勃起しかけた乳首に火を近づけた。
「ひ、ひいいいぃいぃいぃ!?」
 蝋燭の蝋が昴の小さな乳首にべっとりと落ち、ジュゥと音が鳴った。
「あ、あづいぃ……!?」
 昴の悲鳴ににプロデューサーはニヤァと笑い、もう一つの乳首にも蝋を垂らした。
「ひいいいいぃいいっあ、あづいぃ!?」
 痛みに敏感にな乳首に蝋を垂らされ、昴は小さな乳房を揺らし泣いた。
「ぷ、ぷろでゅーさー……ひどいよぉ……」
 怯えた子供のように涙を流し昴はヒクヒクと声を上げた。
「おれがわるいことしたならあやまるからゆるしてくれよぉ……」
 プロデューサーは手に持った蝋を秘裂へと近づけた。
「ひ、ひぃ……まさか?」
 加虐のせいで勃起した淫核が昴の意思に従うように固くなった。
「ゆ、ゆるしてぇ……」
 ユラユラと揺れ、"虐めて"と主張する淫核にプロデューサーは蝋をべっとりと垂らした。
「ひっ……」
 淫核に溶岩が垂れたような凄まじい痛みが身体に襲い、喉が潰れるほどの声が上がった。
「ぎゃああああああぁあああぁああぁぁあ!?」
 頭を振り涙を流す昴にプロデューサーはゲラゲラ笑った。
「やっぱり昴は笑顔よりも泣き顔が良く似合う」
「ひ、ひいいぃぃひいいいぃぃぃ……」
 とんでもないことを言い出すプロデューサーに昴は真っ青になって震えた。
「も、もうゆるし……ヒギィ!?」
 蝋のこびり付いた淫核を捻り上げた。
「や、やめでぇ……」
 口から泡を吹く昴にプロデューサーは掴んでいた淫核を舐めた。
「ひ、ひいいいぃいいぃぃぃい!?」
 淫核を舐められ昴は泣き声を上げ鳥肌を立てた。
「ひひっ……♪」
 意地悪な笑いを浮かべ、プロデューサーは固く勃起したペニスを見せた。
「だ、だめぇ……」
 巨根と言っても過言じゃないプロデューサーのペニスを認め、昴は逃げ腰に怯えた。
「い、いまはウゴォ!?」
 秘裂に突き入れると思っていたペニスをプロデューサーは昴の小さな口にねじ込んだ。
「うぐっぐぐぐうううぅぅぅう!?」
 喉にまで潜り込み呼吸を封じるプロデューサーのペニスに昴は目の前がバチバチと光った。
(ぐ、ぐるじぃ……)
 鼻の穴に入る陰毛にクラッとする昴にプロデューサーは喉に刺したペニスをピストンした。
「うぐぐっぐぅ!?」
 苦しそうに鼻水を垂らす昴にプロデューサーは恍惚とした笑顔を浮かべた。
「やべぇ……」
 秘裂を突くように昴の喉を犯し、プロデューサーは背中をゾクゾクと鳴らした。
「昴の喉マンコ、マジ気持ちいい」
「うっぐうううぅうぅぅぅうう!?」
 あまりの苦痛に目を回し、気が遠くなる昴にプロデューサーは腰を激しく振って吠えた。
「いいぞ、もっと絞めろ」
 頭を掴み、グッと押した。
「喉を自分のマンコだと思ってしっかり締めろぉ!」
「ふ、ふっごおおおおぉおぉぉおぉぉ!?」
 喉に詰まるペニスに白目を剥き、昴は秘裂からジョロジョロと小便を漏らした。
「ふぅぅぅ……」
 同時にプロデューサーのペニスからも熱い小便が胃の中に流し込むように放たれた。
「あぁぁ……」
 胃の中に流される小便のおぞましさに昴は縛られた手をダランっと下げた。
「気持ちよかったぞ」
 トイレで用を済ませた顔でプロデューサーは昴の喉に刺したペニスを抜いていった。
「あ、あがぁ……」
 口からペニスを抜かれゴホッと小便を吐き出すと昴は縛られた身体を痙攣させ倒れた。
「……」
 ドクドクと口から小便を吐き出す昴にプロデューサーは射精してしまった。
「可愛いぞ、昴……」
 昴の顔に自分の精液をかけ、プロデューサーは自分好みに苦しみ変わっていく美少女に愉悦感を覚えた。
 歪な愛を押し付けながら……

サイトで後日談的なものを上げました。
良ければ読みに来てください!
サイト:隣の負け犬社を覗いてみよう

六人のならず者と異国の姫君
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

スーサン(人生負け犬社社長)

Author:スーサン(人生負け犬社社長)
自サイト(最強勇者伝説)で二次小説を書いてます。良ければ見に来てください!
自サイト:最強勇者伝説

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
20950位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
426位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

アフィリエイトカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。