FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改築されし乳嫁奴隷(愛宕)

Comic_439.jpg

「や、やめてぇ!?」
 縄で吊るされた腕をギシギシと動かし、愛宕は破かれ露わになった裸の乳房を揺らし悲鳴を上げていた。
「うぐぅ!?」
 乳首をグリッと掴まれ、ネジのように捻られた。
「い、いたいぃ……」
 乳房が雑巾のように捩じれ、愛宕はあまりの痛みに口から嗚咽が漏れた。
「あぁぁぁ……」
 乳房がタプンッと落ち、裸の乳首がツンッと上を向いた。
「美しい……」
 愛宕の少女のような乳首を指で撫でながら男はウットリした。
「さ、さわらないで……」
 乳首を舐めるように触られ鳥肌を立てて拒絶する愛宕に男は顔を近づけ唇に舌を這わせた。
「そう嫌うなよぉ……」
「ひぃ……」
 唇を舐められ悍ましさに鳥肌をさらに強くする愛宕に男は乳首を撫でていた乳房を叩いた。
「ひ、ひぃ……!?」
 薬を盛られ敏感になった乳房が水風船のように柔らかく揺れ、愛宕は腫物でも触られたように身体をビクンッとさせた。
「……」
 空気に触れてるだけで強く違和感を感じる自分の乳房に愛宕はガタガタと震えた。
(ど、どうなってるの……これ?)
 まるで乳房だけが別の生き物のように鋭い感覚に包まれ、愛宕は真っ赤になった。
「どうした、そんなにおっぱいを震わせて」
 男の拳が愛宕の張りつめた乳房をグリッと押し込んだ。
「うぐぅ……」
 拳でパン生地を捏ねるように乳房を潰し、愛宕の口から淡い声が漏れた。
「や、やめてぇ……」
 乳房をグリグリと弄られ拳の上に乳首を勃たせると愛宕は声を震わせ泣いた。
「可愛いなぁい♪」
 拳を離した。
「ひいいいぃぃぃ……」
 弾けるように乳房がタプンと揺れ乳首がブレるように動いた。
「……」
 派手に揺れる自分の乳房に羞恥心をかきたてられる愛宕に男は桃色の乳首をべろっと舐めた。
「ひあぁぁぁ……」
 乳首を唾液をたっぷりつけて舐められ、愛宕の喉から甘い声が漏れた。
「甘いなぁ♪」
 片手で余りきる巨乳を下から持ち上げ、ギュッと揉んだ。
「い、いやぁ……」
 肩に負荷をかけていた乳房を持ち上げられ、愛宕は目を潤ませた。
「は、はなしてぇ……」
 手に持たれていた乳房が離された。
「ひあぁぁぁ……」
 重力に逆らえず下に落ちた愛宕の乳房ががゴムボールのようにタプンタプンと揺れた。
「み、みないでぇ……」
 吊るされた身体の上で柔らかく波のように跳ねる自分の乳房に愛宕は真っ赤になって唸った。
(は、はずかしいぃ……)
 提督にすら見せたことのない乳房を男に無遠慮に揉まれ、愛宕は悔しくって泣いた。
(て、ていとく……たすけてぇ)
 男の手が愛宕の揺れ動く乳房を鷲掴みにした。
「ひぅ!?」
 手の形に歪み男の掌で潰された乳首がツンッと突起し、コリコリと固くなった。
「ヒヒッ♪」
 掌で上で固くなった乳首を感じ、男はもう片方の手も鷲掴みにし、両方の乳房をレバーでも弄るようにグリッと捻った。
「ひぎぃ……!?」
 柔らかくハリのある乳房を乱暴に弄られ、愛宕は吊るされた身体のまま背中を反り、小さな口をパクパクと開けた。
「は、はなしてぇ……はなしてぇください……ひあぁぁ♪」
 鷲掴みのままねちっこく乳房を揉まれ、愛宕は熱い吐息を吐いた。
「お、おっぱいがぁ……」
 揉まれた芯が燃え上がるような熱くなり、男の手を弾こうとより弾力を強くし膨張感が襲い掛かった。
(こ、このかんかくはぁ……?)
 膨れ上がる膨張感に愛宕は裸の乳房が風船でも膨らますように腫れあがるのを感じた。
「ひ、ひいいいぃぃぃぃい……♪」
 男の手を弾き飛ばし派手に乳房が揺れると愛宕は肩がズシンッと重りでも吊るされたようなショックを覚えた。
「え……?」
 肩に伸し掛かる異物に愛宕は信じられない顔で目線を下げた。
「ひ、ひぃ……!?」
 腹の近くまで肥大化し水の入った風船のように揺れる自分の乳房を見て、愛宕は絶叫した。
「いやあああぁあぁぁああぁぁぁあ!?」
 重力に負け熟れた果汁のように瑞々しく揺れる自分の超乳に愛宕は首を振って喘いだ。
「いやぁぁもとにもどしてぇええぇぇえ!?」
 悲鳴を上げ身体を揺らし乳房を振れば振るほど肥大化する自分の胸に愛宕は混乱したように悲鳴を上げtあ。
「やめてえええぇえぇぇえぇ!?」
 さらに肥大化した乳首が男の男性器のように固く勃起し、上を向いて揺れた。
「こ、こんなのうそよぉ……!?」
 男のペニスと同じくらい固く勃起した自分の乳首に愛宕はブワァと泣いた。
「ていてく、たすけてぇ……」
 泣き崩れる愛宕に男は片手では持ち上げきれなくなった超乳を両手で持ち上げ、ギュッと掴んだ。
「ひいいいぃいぃぃぃ♪」
 肥大化した乳房が腫れ上がったように強く男の手を感じ、上を向いた乳首が本物のペニスのようにブランブランと揺れた。
「ひいいいぃぃい!?」
 悍ましいものを見る目で愛宕は自分の揺れる乳首を眺め、心臓が止まるほどの恐怖を覚えた。
「お、おねがい……」
 ガタガタと震え、涙が零れた。
「こ、こうふくするから……たすけヒィ!?」
 肥大化し掌で掴めなくなった乳首を殴りつけられた。
「い、いだいいいぃいぃぃいぃ……!?」
 乳首だけが激しく揺れ、乳房が波打つと男はゲラゲラと笑った。
「まるで胸にチンポが生えたようだなぁ」
 大きすぎる乳房を前から掴みにし、男は激しく揉みしだいた。
「も、もまないでぇ……」
 揉まれた乳房が芯から膨張するのを感じ、愛宕は怯えた。
「ま、また、おおきくなっちゃうぅ」
 さらに湧きあがる乳房の中の膨張感に愛宕は自分の胸がさらに大きくなる感覚を覚え、歯をガチガチと鳴らした。
「も、もうゆるしてぇ……ヒエェ!?」
 揉まれた乳房がビクンッと反応し、背筋が伸びた。
「ひ、ひえぇぇ……」
 鷲掴みにした手を弾くように愛宕の乳房が激しく揺れ、タプンタプンと動いた。
「お……?」
 目の前で意思でも持ってるように派手に揺れる乳房に男は楽しそうに笑った。
「元気なおっぱいじゃねぇか♪」
 ボールのように激しく跳ねる乳房を男は抉るように殴りつけた。
「ひぎいいいいぃいいぃぃい!?」
 敏感になった乳房に強いショックが落ち、愛宕の口から苦痛にも似た悲鳴が上がった。
「あぁぁ……あぁあ」
 溢れだす乳辱の苦痛と快感に愛宕は目が回りそうになった。
「はぁぁ……はぁぁ……」
 舌を垂らし息を熱くすると重くのしかかる乳房が重力に従い下に伸びた。
「うぅぅ……」
 愛宕は顔を赤くし、肩を重くする乳房がますます重くなるのを感じた。
「ゆ、ゆるしてぇ……も、もうこれいじょうは」
 心が折れかけ、必死に哀願を口にする愛宕に男はボクシングのジャブでも当てるように愛宕の乳房をサンドバッグにし殴った。
「ひいいいぃぃいいぃいぃ!?」
 腫れたように敏感になった乳房を何度も殴られ、時にはビンタするようにショックを与えられ、愛宕は口から涎を垂らし喘いだ。
「い、いたいぃ……いたいわぁ……」
 ボロボロと涙を流す愛宕に男は止めを刺すように下乳をアッパーをかますように抉り込んだ。
「あがぁ!?」
 重すぎる乳房が弾けることなく男の拳を飲み込み、芯がぶつかるのを感じた。
「ひ、ひぃ……ひぃ……ひいいいぃぃぃい♪」
 直接ぶつかった芯が膨張感し、爆発するのを感じ、愛宕は顔を紅潮させウットリした顔をした。
「ひ、ひああぁああぁああああぁぁ♪」
 男性器のよう手では握り切れなくなるほど大きく固くなった乳首がグッと膨らんだ。
「いっぐううううぅぅうぅぅぅう♪」
 十センチ以上も長さがありながら芯が通ったように固くなった乳首からビュルルルルと真っ白な母乳が溢れだした。
「ひあぁあぁぁぁぁ♪」
 男と交わったこともない乳首から大量の母乳が噴出し、愛宕の顔が蕩けるように色っぽく艶めいた。
「う、うそぉ……?」
 乳首からドバドバと出る母乳に愛宕は目を疑い顔をますます蕩かせた。
「ヒヒッ……」
 男は溢れ出る十センチ以上もある乳首を指で裏筋を舐めるように撫でた。
「ひいいいぃぃいぃぃ♪」
 ますます母乳が射精したように溢れ出し、愛宕の口からあられもない声が漏れた。
「も、もうとまっでぇええぇぇえ♪」
 言葉とは裏腹にドンドンと溢れ出る母乳に愛宕の桃色の乳首が黒く染まりだしますます固く太くなっていった。
「ひいいぃいぃぃ♪」
 情けない声を上げて泣き腫らす愛宕に男はニヤァと唇の端を吊り上げた。
「こりゃあ、まるで乳牛だなぁ♪」
「みないでぇえぇぇ……」
 腹の下まで伸び、ヘソを隠す奇乳に男は顔を埋めた。
「ひいいぃいぃぃぃい!?」
 全身に鳥肌を立てる愛宕に男は大きくなった乳首に口を開け吸い付いた。
「ひ、ひいいいぃいぃぃい♪」
 愛宕の乳首が男の口の中で精液を射精するように母乳を噴出し、強い開放感を覚えた。
「い、いやぁ……」
 男の口がいっぱいに広がるほど大きくなった自分の乳首を認め、泣き声を上げた。
「は、はずかしいぃ」
 男の口の中で授乳される自分の乳首に愛宕は女としての尊厳を失ったように嗚咽を漏らした。
(て、ていとく……たすけてぇ……)
 男の口が愛宕の男性器並みの大きさの乳首から離れた。
「ぷはぁぁ……」
 顔に愛宕の母乳を浴び、男は楽しげに笑った。
「こうするともっと搾れるぞ♪」
 男の手が愛宕のペニスと同じ乳首を握りしめた。
「ひ、ひいいいぃぃい!?」
 片手では掴みきれない肥大化した乳首を掴まれ、愛宕は目を剥いた。
「ひ、ひいいいぃいぃぃ!?」
 膨張するように愛宕の乳房がまた膨らみ、激しく張り上げた。
「ひっっぐううううぅぅぅうぅぅぅう♪」
 張りつめた乳房から爆発したように大量の母乳が噴出した。
「いやぁぁぁあやめてえええぇぇえぇ♪」
 牢獄のような部屋に甘い臭いが充満し、鼻を刺激すると愛宕はそれが自分の母乳の臭いだと理解し恥ずかしくって悲鳴が上がった。
「ひいいいいぃいぃいぃい!?」
 自分の体液で甘くなった空間に涙する愛宕に男は手のひらで包みきれない乳首を男性が自慰でもするようにゴシゴシと扱き出した。
「だ、だめぇ……♪」
 乳首の芯がくすぐられるような甘い痛痒感に襲われ、愛宕は震えた。
「た、たすけてぇ……で、でちゅぅ♪」
 扱かれた乳首が男性器のように膨らみ、爆発したように母乳が噴出した。
「ひああああぁあぁぁぁぁ♪」
 出しても出しても盛りのついた牡猿のペニスのように母乳を溢れ差す愛宕に男は乳首を握りしめた。
「ひぎゃぁ♪」
 脳がショートしたように鋭いショックが落ち、母乳が飛び散った。
「あへぇ~~……♪」
 愛宕の顔が欲望に浸かった顔でだらしなく緩んだ。
「あへぇ~~……あへぇ~~……♪」
 舌を垂らし唾液を零す愛宕に男は固く膨張する乳首を扱いた。
「もっと搾ってやるよ♪」
 肥大化した乳首にスポッとカップ状の筒を入れるとギュッと押した。
「ひ、ひいいいぃいぃぃぃい!?」
 乳首に吸い付くカップに愛宕は怯えた声を出した。
「な、なにするきなのぉ?」
 ガタガタ震える愛宕に男はもう一つの乳首にも同じカップをはめ込み、グッと押した。
「お前にふさわしい姿にしてやるよ」
「ヒ、ヒギィ!?」
 乳首から強引に母乳が吸われるように強い吸引力が襲いかかった。
「ひ、い、いやぁあああぁあぁぁぁぁあ!?」
 カップ・搾乳機から大量に母乳を搾り取られ、愛宕は首を振った。
「お、おっぱいをしぼらないでえええええぇえぇ♪」
 母乳を無理やり搾り取られ快感に愛宕は口の中から舌を突き出した、喉から悲鳴を上げた。
「じ、じぬぅ……」
 裸の乳房が波打つように揺れ、さらに肥大化するように膨らんでいった。
「じんじゃうぅ♪」
 搾乳の快感に頭が蕩けそうになり、愛宕の可愛い顔がマヌケに緩み、鼻水が垂れた。
「た、たすけてぇ……たすけてぇ、ていとくぅ♪」
 男はさらに肥大化した乳房に身体ごと抱きつき、母乳を搾りだした。
「ひいいいいぃいいぃいぃいぃぃい♪」
 引き締められた乳房から大量の母乳が間欠泉のように溢れ出し、愛宕は涎を撒き散らし泡を吹いた。
「あがぁ……あががが」
 母乳を無理やり絞られる苦痛と快感に愛宕は白目を剥いて、裸の秘裂から愛液を漏らした。
「ひあぁぁぁぁ……」
 搾乳機のついた乳房が重くフサフサと揺れた。
「あぁぁぁ……」
 身体を吊るしていた縄がブチッと切れた。
「ひ、ひええぇええぇえ……」
 重心の傾いた乳房の重みに愛宕は二本足で立つことが出来ず、倒れるように四つん這いになった。
「ひ、ひいいいぃぃい……」
 だが、手がつくより先に大きく肥大化した乳房がつっかえになって身体を支えてしまった。
「いやああぁああぁあぁぁぁあ!?」
 信じられない光景に目を反らし絶叫する愛宕に男は搾乳機のついた乳房を蹴り飛ばした。
「あひぁぁぁぁぁ♪」
 蹴られた乳房がより激しく母乳を撒き散らし、愛宕の顔が輝くように艶めき、白い歯が露わになった。
「あはぁぁ……はぁぁぁ……ひいいいぃぃぃぃい♪」
 搾り取られる母乳に愛宕は乳房のほうが本体のように身体の力を抜き、血管がビクビクと動いた。
「も、もうだめぇ……お、おっぱいがぁ♪」
 自分の体重を支えるほど巨大化した乳房に愛宕はポンプのように母乳が噴出した。
「ひぁぁぁ……はぁぁぁぁ……」
 乳房の中で感じる強い快感に愛宕は必死に男を見た。
「ち、ちかづかないでぇ……!?」
 自分の身体で潰れた乳房を男は両手で持ち上げた。
「ひ、ひいいいいぃぃぃい♪」
 愛宕の身体が膝立ちになった。
「お、おもいぃ……」
 胸の上についた乳房の自重で身体が倒れてしまいそうになり、愛宕は悔しくなった。
「お、おねがい……」
 男に乳房を持ってもらわないと自分の胸の重みで倒れてしまいそうになる身体を震わせ、哀願した。
「な、なんでもいうことをきくからもとにもどしてぇ……」
「ほほぅ?」
 男は両手で持ち上げた乳房をグニグニと揉みながら聞いた。
「なんでも言うことを聞くんだなぁ?」
「は、はいいいぃぃいい!」
 日常生活すら送れなくなるほど重く肥大化した乳房に愛宕は必死に元に戻りたい一心で首を縦に振った。
「なんでもいうことをききますぅ!」
 涙を流しプライドんない言葉を吐く愛宕に男はさらに聞いた。
「辛いぞぉ……死んだほうがマシだと思うこともあるぞ」
「い、いいからもとにもどしてぇ……」
「本当にいいんだなぁ?」
「は、はやく!」
 言葉のドッチボールを交わす愛宕に男は邪悪に笑った。
「じゃあ、今日からここで豊胸調教を続けろ」
「ひ、ひぁぁ……!?」
 男の言葉に愛宕は絶望感に肥大化した乳首を膨らました。
「た、たすけてえええぇええぇぇえぇえ♪」
 搾乳機が弾け飛び、乳首から大量の母乳が決壊したように撒き散らされた。
「ひいいいいぃぃいぃぃぃぃいぃい♪」
 自分の身体にもかかる母乳の雨に愛宕の鮮明だった脳が溶けていった。
(て、てい……とく……)
 愛していた男の顔が頭によぎり、意識が遠くないっていった。
「だいすきぃ……」
 乳房を離され、愛宕は自分の足で立つことも出来ず引っ張られるように身体が前に倒れた。
「あぁぁぁぁ♪」
 身体が前に倒れ、潰された乳房から破裂したように母乳がジョボジョボと零れ、甘い水たまりを作った。
「ひひぃ……」
 バランスボールに乗ったように身体を自分の胸でへの字に倒れる愛宕に男は笑った。
「可愛いぞ……」
 自身の身長と同じくらいと思えるほど肥大化した乳房に乗りかかり気絶する愛宕を見て、男はベロリと舌なめずりした。
「俺の手でもっと美しくしてやるよぉ……」
 男の言葉に愛宕は涙を流し震えた。
 二度と元の場所に戻れない絶望を感じながら。
 重巡洋艦娘愛宕の名前が鎮首府から除籍されたことを彼女は知らない……

サイトで後日談的なものを上げました。
良ければ読みに来てください!
サイト:隣の負け犬社を覗いてみよう

-性処理巡洋艦-愛宕
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

スーサン(人生負け犬社社長)

Author:スーサン(人生負け犬社社長)
自サイト(最強勇者伝説)で二次小説を書いてます。良ければ見に来てください!
自サイト:最強勇者伝説

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
20950位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
426位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

アフィリエイトカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。