FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少女改造愛情物語(城ヶ崎美嘉)

Comic_430.jpg

「う、うぐぁ……♪」
 身体を縛られ、目を隠すようにゴムバンドをまかれると美嘉は裸の乳首を勃たせ、妙な薬を塗られていた。
「ぷ、ぷろでゅーさぁ……」
 乳首が固くなり息が荒くなる美嘉にプロデューサーは耳に息を吹きかけた。
「ひあぁあぁぁぁぁ♪」
 艶めかしい悲鳴を上げ、美嘉は背筋をゾクゾクさせた。
「はぁぁ……はぁぁ……」
 無防備な乳房を揺らし息を深く吐いた。
「どうだ?」
 美嘉の乳房を下から叩くように持ち上げた。
「美嘉は淫乱マゾだなぁ……」
 持ち上げた乳房をもみゅもみゅと揉み、乳首を親指で器用にいじった。
「可愛いよ」
 頬にキスをした。
「ひ、ひぁぁ……」
 身体を良いように弄られ恥ずかしそうに美嘉は首を横に振った。
「どうした?」
 開かれた股の淫核を掴み引っ張った。
「ひあぁぁぁぁ♪」
 美嘉の口から大量の涎が撒かれ、悲鳴が上がった。
「あぁぁ……」
 ゴムバンドの下の目が回り、美嘉の口から獣染みた嬌声が響いた。
「あぁぁぁぁぁ♪」
 目隠しをされた顔がトロトロに蕩け、美嘉は裸の身体を汗ばませ桃色に染めた。
「ひひいいいぃぃ……」
 薬を塗られた乳首を引っ張られた。
「ひいいいぃいぃぃぃ♪」
 喉を絞り悲鳴を上げる美嘉にプロデューサーは掴んでいた乳首を捻った。
「い、いだいぃ♪」
 乳房がロケット型に膨らみ、美嘉はゴムバンドで隠された目から大量の涙を流した。
「こ、こんなことってぇ……♪」
 快感と恐怖にガタガタ震える美嘉にプロデューサーはどこから取り出したのか固く鋭いピアッシング針を取り出した。
「もっと可愛くしてやるよ」
「え……?」
 プロデューサーの言葉に美嘉は怯えた声を出した。
「な、なにするのぉ……こ、こわいことしないでぇ」
 美嘉の小さな口からガチガチと歯の鳴る音が鳴った。
「安心しろ」
 固く勃起した淫核を引っ張り、鋭いピアッシング針の先端を当てた。
「ひ、ひいいいいぃぃぃ!?」
 プロデューサーのピアッシング針が美嘉の勃起した淫核を抉るように刺さっていった。
「い、いあぁあ!?」
 首を振り口が開いた。
「い、いだいいいいいぃいぃぃいぃいぃぃ!?」
 プロデューサーはピアッシング針をグリグリ弄りながらニヤニヤした。
「もっと叫んだ方が楽だぞぉ」
「ひあああぁああぁぁあああぁあぁあ!?」
 身体の一番敏感な部分を針で貫かれる激痛に美嘉は泡を吹き、ピクピクと痙攣を始めた。
「ほら、貫通♪」
「アギャァ!?」
 ピアッシング針の先端が美嘉の淫核を貫き、血をポタポタと垂らした。
「ひいいいぃいぃぃぃぃぃ!?」
 なにをされてるかはわからない鋭い痛みに美嘉は耐え切れず小便を漏らした。
「な、なにをしたのぉ……」
 えぐえぐと子供のように泣いた。
「く、くりとりすがいたいぃ……」
 プロデューサーは目隠しをしていたゴムバンドを取ってやった。
「とっても素敵なことだ」
「え……?」
 ゴムバンドを取られ、目に映ったピアッシング針に美嘉は絶叫した。
「いやあああぁああああぁあぁああぁああぁぁあぁ!?」
 自分の淫核を貫く鋭い針に美嘉は狂ったように悲鳴を上げ、泣いた。
「いやぁぁぁこんなのひどいいいいぃぃぃひいいいいぃいぃぃぃぃぃい!?」
 乳首を摘み、プロデューサーは別のピアッシング針を取り出した。
「も、もういやぁぁぁゆるじアガァ!?」
 左乳首をピアッシング針で一瞬で貫かれ右乳房が派手に揺れた。
「ひいいいぃいぃぃぃぃつ、つらいいいいぃいぃぃ……!?」
 苦しい拷問のような改造に美嘉は目を見開き何度も絶叫した。
「これで完成だ」
 クリトリスと陰核を貫いたピアッシング針を柄を押すように突き通した。
「ひぎいいいぃいぃい!?」
 トンネルを抜けるように針を抜かれ、穴が出来た乳首と淫核に綺麗に装飾されたピアスを通した。
「これで綺麗になったな♪」
「ひいいいいぃいぃぃぃ!?」
 乳首と陰核に通されたピアスにゾッとする美嘉に真っ白な光が当たった。
「い、いやぁああああぁぁ!?」
 惨めに改造された自分の姿を保存するようにデジタルカメラのシャッターを何枚も下ろすプロデューサーに美嘉は声を上げた。
「とらないでぇえぇぇとらないでええぇえぇぇぇひあああぁぁぁぁあぁあ!?」
 身体がビクンッと反応し、美嘉は首を上げ泣いた。
「ひいいいいぃぃいいぃいいぃぃ!?」
 限界までに達した美嘉にプロデューサーは濡れそぼった秘裂に腕ほどもある太いバイブを押し込むように突き刺した。
「ひぎいいいいいいいぃいぃいぃぃいぃぃぃい!?」
 無理やり広げられた秘裂がミチミチと音を立て、美嘉は首を振った。
「あ、あがががががががががが!?」
 追い打ちをかけるようにバイブのスイッチを押し、目をまたゴムバンドで隠した。
「いやぁぁぁとめでえええええぇぇえひあぁぁぁ!?」
 プロデューサーの足音が聞こえた。
「え、ど、どこにいくの!?」
 扉が閉まる音が聞こえ、美嘉は焦った。
「いや、ひとりにしないでぇ!?」
 静かな空間に自分の愛液の垂れる音だけが聞こえ、美嘉は絶叫した。
「みすてないでええぇえええぇええぇぇ!?」


 それから三日が経った。
「あひぃ……あひぃ……あひぃぃぃ♪」
 三日の放置に美嘉は身も心も憔悴しきり電池が切れたバイブを咥えたまま大量の愛液を流した。
「……」
 美嘉の身体を蹴り倒すように寝かせるとプロデューサーはバイブを抜いた。
「うわぁ……」
 臭いの立つバイブにプロデューサーは笑った。
「もっともっと可愛くしてやるからな」
 唇の端が吊り上がった。
「俺の愛奴隷ちゃん♪」
 それは歪んだ愛情の形であった。

サイトで後日談的なものを上げました。
良ければ読みに来てください!
サイト:隣の負け犬社を覗いてみよう

みりあちゃんは無人島でおじさんと一生暮らすことになった
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

スーサン(人生負け犬社社長)

Author:スーサン(人生負け犬社社長)
自サイト(最強勇者伝説)で二次小説を書いてます。良ければ見に来てください!
自サイト:最強勇者伝説

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
20950位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
426位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

アフィリエイトカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。