FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玩具以下の値段(ホシノ・フミナ)

Comic_365_2016072405193243d.jpg

「……」
 薄暗く酒臭い部屋で男はタバコを吹かし笑っていた。
「もうそろそろか……」
 扉を叩く音が聞こえた。
「入りな……」
 部屋の扉がゆっくり開いた。
「こ、こんばんは……」
 部屋に入ってきた少女に男はニヤニヤ笑った。
「こんなじかんに夜遊びとは悪い子供だなぁ……」
「お、おじさまがこいっていうから……」
 着ていたコートを脱ぎ捨てると裸に肢体が露わになり美少女は目の奥にハートを浮かばせた。
「きょ、今日もフミナの汚い身体を改造してください」
 大きく膨らみボリュームのある乳房を揺らしながらホシノ・フミナは期待を込めた目で男を見た。
「来な……」
「はい……」
 汚い部屋に入るとフミナは大きな裸の胸を揺らしながら黒く染まった乳首を勃たせた。
「まずは掃除をしてもらおうか?」
 男は汚れたズボンを脱ぎ、雄々しく勃起したペニスを見せた。
「あぁ……♪」
 恥垢のこびり付いた不潔極まりない男根を認め、フミナの顔がウットリした。
「お、おいしそう……♪」
 皮を剥き、たっぷりと亀頭の裏に溜まった痴垢を見て、フミナは口の中に涎を飲み込んだ。
「いい臭ぉい♪」
 犬のように鼻を近づけ臭いを嗅ぐとフミナは舌を垂らした。
「ど、どうか……」
 ハァハァと自然と息が荒くなった。
「そのチンカスを私に恵んでください……」
 我慢できない顔でフミナは必死に懇願した。
「フ、フミナの貧しく卑しい舌におじさまの極上チンカスチーズを恵んでください!」
 必死に男の恥垢を求め、フミナは舌を伸ばし、犬のように目を潤ませた。
「そんなにこれがいいのか?」
「あ……♪」
 鼻先に恥垢まみれのペニスが掠り、フミナの鼻が刺激された。
「いいにおい……♪」
 芳香剤を嗅ぐように鼻をスンスンするフミナに男は爆笑した。
「こんな汚いものを喜ぶなんてフミナちゃんも相当変態に育ったね?」
 フミナは恥ずかしそうに赤くなり可愛く顔を背けた。
「お、おじさまがそういうふうに私を改造したくせにぃ♪」
 どこか恨みがましそうにだけどどこか嬉しそうにフミナに男は痴垢だらけのペニスを眺め目を潤ませた。
「おっほおおぉぉぉぉぉ♪」
 可愛い顔をブサイクなまでのアヘ顔にし、フミナは部屋を覆う恥垢の臭いに発狂した。
「は、はやくそのちんかすをください!」
 フミナは目の奥に何個も大きなハートマークを浮かばせ自然と立ち方が犬のちんちんへと変わった。
「も、もうがまんできないんです!」
 目に涙を溜めフミナは鼻の先に突いた痴赤を舐めようと舌を伸ばした。
「あぁ……したがちんかすをなめたくってジンジンするぅ」
 鼻の先に届かない舌がフミナの可愛い顔と反比例しマヌケさを際立たせ余計に淫らな雰囲気を醸し出した。
「はやくちんかすを……ちんかすをちんかす……ちんかすうぅぅぅぅ♪」
 隣の部屋に聞こえるのではと思うほど浅ましい悲鳴にフミナは恥ずかしげもなく求めた。
「はやくちんかすをなめないとわたしばかになるううぅぅぅぅぅ♪」
 恥垢の鼻をつまみたくなるすっぱい臭いに少女の裸の乳首が勃ち、淫核も大きくなった。
「そんなに欲しいか?」
「は、はい!」
 首を何度もカクカクと縦に振り、涙が零れた。
「は、はやくちんかすをなめたいですぅ……わたし、きょうちんかすをたべれるとおもってきゅうしょくをぬいてきたんです」
 鼻の先にこびり付いた痴垢をまだ舌で舐め取ろうとするフミナに男は笑いを堪えた。
「そんなに楽しみだったのか?」
「は、はいぃぃぃ♪」
 細く締まった腹を両手で押さえた。
「も、もうおなかがすいてだめぇ! はやくちんかすたべないとがしする! がししたくないからはやくちんかすたべないとがしするぅ♪」
 ついにバカなことまで言い出すフミナに男は満足げに微笑んだ。
「そんなに欲しいのか」
 フミナの柔らかい頬を男は痴垢だらけのペニスでペチペチ叩いた。
「おほおおおぉぉぉ♪」
 頬につく痴垢の悪臭にフミナは舌を伸ばし情けなく泣いた。
「お、おなかすいたおなかすいたおなかすいた……ちんかすたべたいたべたいたべたいちんかすううぅぅぅぅ♪」
 空腹と痴垢の欲求に支配されたフミナは自分でも気づかないうちに猿以下の知能を見せつけ浅ましく泣いた。
「あっっひぃいいいぃいぃぃい♪」
 目を上向きにし舌を垂らすだらしない顔に男は笑った。
「このチンカスマニアが♪」
 少女のぷりっとした唇に痴垢のこびり付いたペニスの亀頭が当たった。
「あぁぁ♪」
 唇に突いた痴垢を舐め取り、フミナの濡れた目をトロンッと蕩けた。
「おいしぃ……♪」
 もう頭の中は恥垢のことしかない顔であった。
「そうかそうか」
 男は満足げに勃起したペニスを見せた。
「なら舐めていいぞ……ただ、舌が病気になっても知らんぞ」
 男の痴垢ペニスがフミナの柔らかい頬に当たった。
「こ、こんなすてきなものをなめてびょうきになるわけ……えろぉ♪」
 痴垢まみれの汚いペニスを舐めた。
「うじゅぅ……えろえろ……べじゅぅ♪」
 少女とは思えないねっとりとした舌使いでフミナは男のペニスの亀頭にこびり付いた恥垢を舐め取った。
「あぁ……あぁぁ……あ♪」
 恥垢のすっぱく苦い味が舌に広がり、フミナの可愛い顔が幸せそうに緩んだ。
「おいしいぃ……♪」
 痴垢を歯で噛みながらフミナの目が天井を剥いた。
「ういぎいいぃぃぃぃ♪」
 恥垢の味に身体を鳴らし、大きな乳房を潰すように両手で身体を抱いた。
「こ、このしたをえぐるつよいにがみぃ……それでいておじさまのおとこらしいちからづよさをかんじさせるくせのつよいにおいぃ♪」
 ペニスの亀頭の裏にこびり付いた痴垢も舐め取り、舌の上で転がした。
「うっっひぁあぁぁぁん♪」
 裸の胸が派手に揺れ、フミナは赤ん坊のように人差指を口に咥え、ウットリした。
「で、でも、けっしてちんかすとくゆうのやさしいしたざわりをわすれないこのあじわいはまさにおじさまだけがもちあわせるごくじょうのちんかすですぅ♪」
 我慢できず大口を開け男の痴垢まみれのペニスにむしゃぶりついた。
「うっっほおおおぉおぉぉおぉおぉぉ♪」
 自分の口をオナホールにしたように首を振り、フミナは舌の上にこびりつく恥垢の味に涙を流した。
「うじゅじゅじゅじゅっ♪」
 恥垢という痴垢を全て食べ切るように浅ましく口をすぼめ舌を動かすフミナに男は背筋を伸ばした。
「いいぞ、フミナ……」
 痴垢だらけのペニスを大好物のように味わうフミナに男は頭をそっと撫でた。
「鈴口にまで溜まってるかもしれないチンカスまで全部食うんだ!」
「ほぼぉ♪」
 肯定するように悦びの笑みを浮かべ、フミナは喉の奥を器用に広げた。
「ほごおおぉぉぉ♪」
 喉奥まで男のペニスが潜り込み、食道が盛り上がるとフミナは息も出来ない顔で頬を染めた。
「うぐうぅうぅぅぅぅぅ♪」
 腰を激しくグライドし男はフミナの喉を何度も突き上げ腰を震わせた。
「ほごおおぉぉおほごおおぉオオオォオォォォォ♪」
 フミナの男のペニスを咥えた顔が鼻水まで垂らし、涎を撒き散らすと情けない顔へと変わった。
「これが聖鳳学園の可愛い子ちゃんホシノ・フミナちゃんだと思うとファンはガッカリするだろうな♪」
「おごおおぉぉぉぉぉ♪」
 喉を乱暴に突き上げられフミナは涙を流し喘いだ。
(の、のどがきもちいいいぃ♪)
 男のペニスを喉まで咥え喘ぎまくる今のフミナの姿はお世辞と学園の人気者だったホシノ・フミナとはかけ離れた醜い相貌を浮かべていた。
「うぐうぅぅぅぅぅぅうぐうううぅうっぅぅ♪」
 喉を何度も突き上げられフミナは窒息の恐怖すら感じる強い快感に裸の乳房を自分で揉んだ。
(じぬうぅぅぅぅぅじぬほどぎもぢいいぃぃぃぃっ♪)
 乳首を捻り、引っ張った。
「おっっごおおおおおぉおぉぉお♪」
 乳首と乳房が爆発するように気持ちよくなり、フミナは喘いだ。
(い、いっぢゃうぅぅぅ……)
 男のペニスがより深く食道を突き上げた。
「おごぉ!?」
 鼻水を飛び散らすフミナに男は頭をガシッと掴んだ。
「イクぞ!」
「ふごぉおぉぉおぉ!?」
 男のペニスから苦く青臭い精液が蛇口の水のように吹き出した。
「おごうぅ……うぐぅぅん♪」
 喉に流し込まれる精液にウットリした顔で胃の中を温めるとフミナは蕩けた顔を浮かべた。
「ほごぉ~~……♪」
 両手でピースサインを作り、ペニスを喉に咥えたまま、恍惚とした。
(じあわぜ……♪)
 男の部屋で小水まで漏らしフミナは絶頂した。
「あぁぁぁ……」
 男もスッキリした顔で少女の喉に刺したペニスを引き抜いた。
「おごぉ……♪」
 男は乱暴に抜いた男根を扱いた。
「受け取れ!」
「あぁぁ……♪」
 男のペニスから打ち放たれた精液を顔に浴び、フミナは舌の腹で男汁を舐め取り真っ赤になった。
「うぐぅ……♪」
 舌にかかった精液を飲み込み、ウットリした。
「おじさまのせいえき……ちんかすとおなじあじがするぅ♪」
 鼻の穴から精液を垂らし元の美少女顔を台無しにするフミナに男はバカにするように指差した。
「これで今日は終わりじゃ無いぞ、わかってるな……変態奴隷玩具ホシノ・フミナちゃん♪」
「はぁい♪」
 頭の悪い返事を返すとフミナはこれから男にしてもらう人生を台無しにする惨めなプレイに裸の乳房を何度も揺らし、期待した。
 自分の人生を台無しにしてくれる破滅的な願望を叶えてくれる男の陵辱……


 身体を縄で縛られるとフミナは大きく肥大化し黒く染まった乳首を釣り糸で引っ張られていた。
「だめぇぇ♪」
 乳首を釣り糸で引っ張られながらフミナは震えた声を出し喘いだ。
「ち、ちくびがいたいぃ……♪」
 縛られた手をギシギシと鳴らしながら乳房がロケット型に広がるのを感じた。
「あぁぁぁ……」
 男は釣り糸を引っ張りながらニヤッとした。
「乳首が痛いのか?」
 男はニヤニヤした。
「ならやめるか?」
 また乳首をビンッと釣り上げるように引っ張った。
「あぁぁぁ……♪」
 フミナは淫らな悲鳴が上がった。
「き、きもちいいぃ♪」
 マヌケな顔を晒し、フミナは舌を垂らした。
「あへぇ~~……あへぇ~~……♪」
 垂らした舌から唾液が落ち、フミナは裸の乳房を引っ張られる快感に悦んだ。
「こ、これ……きもちよすぎるぅ……♪」
 顔を色っぽく染め、フミナはハァハァと息を吐いた。
「お、おねがい……もっとやさしくぅ♪」
 裸の乳房を自分で身体を捻ることで揺らし、フミナはフフッと笑った。
「きもちいいぃ♪」
 女として最低な告白に男は苦笑した。
「レイ○した男に媚びるなんて、恥はないのか?」
 引っ張った釣り糸をピアノの弦のようにビィンッと弾いた。
「うっっひいいいいぃいぃぃぃいぃぃぃぃ♪」
 乳首がビリビリと痺れ、フミナの顔が情けなく輝いた。
「おごごごごおおおぉぉおぉぉ♪」
 中○生離れした大きな乳房が伸び、フミナの淫らな顔がチーズのように蕩けた。
「どうだ、気持ちいいか?」
 乳首を引っ張る釣り糸を何度もビィンビィンと弾き、男はゲラゲラ笑った。
「いい音の鳴るピアノだなぁ♪」
「は、はいぃ……」
 男の酷い言葉に素直に悦ぶとフミナは引っ張られたハリのある乳房に見を捧げた。
「あぁぁぁぁぁ♪」
 釣り糸を離され、大きな乳房がタプンと揺れた。
「はぁ……はぁ……」
 自由になった黒い乳首が上を向きピクピクと動くとフミナは熱のある息を吐いた。
「お、おじさまぁ……♪」
 自分の乳首の穴に指を入れ、グリグリと捻った。
「い、いれてぇ……♪」
 乳首の穴を左右に引っ張り、グロテスクな穴が出来上がった。
「おおぉ……」
 穴の広がった乳首から零れた白い母乳に男は涎をすすった。
「いいぞ……」
 勃起したペニスを見せ、男は穴の広がった乳首に向けた。
「いつも通り感じまくれ」
 男を受け入れないはずの乳首の穴に男のぶっといペニスが突き刺さった。
「おっっ……」
 目の奥にハートマークが浮かび上がった。
「ほおおおぉおおおおおぉおぉぉぉお♪」
 黒い乳首でペニスを締め上げるとフミナは裸の乳房を揺らし目を剥いた。
「だめぇぇえぇぇ♪」
 犯されてない左の乳房を何度も揺れ、男は挿入した乳首のペニスを締めると情けない声を上げた。
「おおおおおぉおぉぉぉぉぉぉぉお♪」
 獣のような悲鳴に男はクックックッと笑った。
「そんなに気持ちいいか、この堕女が!」
 フミナの男のペニスを締め上げた乳首を突き上げ、男は何度も腰を振った。
「相変わらずいい穴だぜ♪」
「ああああぁああぁあぁああぁあぁぁぁぁあ♪」
 男は容赦なくペニスを締め上げた乳房をピストンし、少女の不自然に拡張された穴を楽しんだ。
「ひ、ひぃ……」
 涎を垂らし、フミナは目を見開いた。
「あぁぁぁぁぁぁ♪」
 涙を流し、フミナは怯えたように声を引きつらせた。
「お、おっぱいがこわれちゃうぅぅぅぅ……」
「その時はもう終わりだな」
「ひいいいぃぃい……」
 捨てられることを想像し、裸の秘裂を濡らすとフミナは乳首の穴を締め、白い歯を露わにした。
「すてないでぇぇえ……」
 裸の乳房を揺らし、フミナは哀れに思うほど取り乱し哀願した。
「あぁぁぁ……あぁぁぁぁ」
 脳が溶けるのを感じ、フミナの舌が垂れ、涎がダラダラと零れた。
「も、もう……」
 痙攣を起こし始めるフミナに男は乳首に刺したペニスをズンッと突いた。
「う、うぐぅ……♪」
 ビクッと反応した。
「い、いぐぅ……♪」
 ペニスを咥えた乳首の穴がギュッと締まった。
「お、これは……?」
 乳首どころか乳房の中全てでペニスを締め上げるのを感じ、男は牡の唸りを上げた。
「出すぞ!」
 ペニスを突き上げ、頭を掴んだ。
「あぁあぁぁぁ……」
 乳首の穴にブシュッと熱い精液が射ち放たれるのを感じた。
「アアアアアアアアァァア♪」
 首を後ろに倒すように悲鳴を上げ、フミナは犯されてない左の乳首から白い母乳をホースの水のように吹き出した。
「いっっぐううううううぅぅぅぅぅうぅぅぅう♪」
 ニップルファックで凄まじい絶頂を迎える美少女に男は涎をすすった。
「ヒヒィ……♪」
 乳首に刺したペニスを痙攣させながら男はフミナの頭を撫でた。
「いい子だ、フミナ……」
「は、はい……」
 首を縦に振り、フミナはヒヒと気持ちの悪い笑顔を浮かべた。
「きもちいいぃ……」
 ペニスを抜かれると母乳と混ざった精液が乳首の穴からドロォと零れた。
「あぁぁ……♪」
 勿体無いという顔で床に垂れた自分の母乳の混ざった精液を舐め、知性の感じられない声を出した。
「ちんぽじるおいしぃ……ちんぽじるおいしぃ……♪」
 汚物同然の汁を犬のようにべろべろ舐め、フミナは裸の尻を振った。
「あぁぁぁぁ♪」
 嬉しそうに啼く奴隷同然の玩具に男は冷たく言い放った。
「いいか、お前は俺の玩具であり、飽きれば簡単に捨てることのできるおもちゃなんだ。そのことを忘れるな!」
「は、はい……」
 頭を足で踏まれ、フミナは嬉しそうに返事を返した。
「ふみなはあきればすてられるがんぐですぅ……すてられないようどりょくするからすてないでぇえ……」
 自分を乱暴に酷使する男にフミナは媚びした。
「一個1000円で買える玩具もお前程度なら100円でも高いだろうな」
「……はい」
 かつてガンプラ部の部長として凛々しく生きていたあの頃と玩具以下の値段の今の自分にフミナは涙を流した。
 それは自分がガンプラ以下か、それともガンプラと比較されたプライドか……
 どっちにしろ、フミナに人間としてのプライドを持つことは許されてなかった。
 男の性処理だけが取り柄の玩具なのだから……

サイトで後日談的なものを書きました。
良ければ読みに来てください!
サイト:最強勇者伝説

レゲーの杜 Vol.03 ~アルル導物語~
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
アクセスカウンター
プロフィール

スーサン(人生負け犬社社長)

Author:スーサン(人生負け犬社社長)
自サイト(最強勇者伝説)で二次小説を書いてます。良ければ見に来てください!
自サイト:最強勇者伝説

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
18650位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
417位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

アフィリエイトカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。